Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月28日

好調ベルリン、今節は4バック総入れ替えの可能性も?

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ファビアン・ルステンベルガーが練習場に再び姿をみせた。ドルトムント戦で臀部に打撲を受けていた元主将は、その後のケルン戦とザンクトパウリ戦を欠場。

そのため代役としては、CBでプレーしていたシュタークを前にスライドして穴埋めしていたダルダイ監督だが、ルステンベルガーの印象について「最初の練習としては上々だ。しかしこれからの反応も見ていかないとね」とコメント。

ただその一方でヘルタ・ベルリンの守備陣では、左SBマルヴィン・プラッテンハルトが負傷を抱えており、さらにCBの二人アンソニー・ブルックスとセバスチャン・ラングカンプがこの日の練習に不参加となった。

仮に右SBのペカリクを左サイドに配置することになれば、場合によっては4バック全ての入れ替えを行う可能性もあるが、ダルダイ監督はブルックスの状態について「彼は間に合うだろうとの見通しを述べていた」と明かし、ラングカンプについては「まだ何ともいえない」と説明。

なおプラッテンハルトの復帰時期については、マネージャーのプレーツ氏が「来週のグラードバッハ戦に間に合えば」との見通しを述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker