ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月06日

プレーツ氏「ホーム全勝で年を越したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


3位という好位置につけ、年内残り3試合を迎えることとなったヘルタ・ベルリン。そのうちの2試合はホーム戦だが、マネージャーのミヒャエル・プレーツ氏は「ホーム戦ではここまで全勝できている。前半戦の残り2試合もそれを続けたい、もちろんそう願っているよ」と語った。

ここまでの戦いについて、同氏は「見事な、素晴らしい、安定したシーズンを過ごしている」「主力選手の入れ替えを余儀なくされても、マインツ戦やヴォルフスブルク戦のように思うような試合展開にならなくても、選手たちは我慢して試合を支配しつづけてきた。そうやって対抗して自分たちのラインを失うこともなかったよ」と賞賛。

「そもそもブンデスで逆転するのは難しいものだし、それがアウェイ戦ならばなおさらだ」と言葉を続けた。

なおヴォルフスブルクには、ヘルタは5年越しの勝利となったが、ダルダイ監督は「特に自分に影響することはないね。私が意識しているのは、年内にどれだけ勝ち点を重ね続けられるかということだ。」とコメント。

またレッドブル社の資金力を背景に首位を走る昇格組ライプツィヒとの上位対決は、来週に控えているが、「他のクラブのストラクチャーのことは気にしない」と前置きした上で、「ただ彼らとの試合が大変なことに疑問はないよ」との見方を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報