ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月19日

原口先発のヘルタ、バイエルンから金星逃す…終了間際の失点で劇的ドロー許す

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第21節が18日に行われ、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとバイエルンが対戦した。原口は右MFで先発出場した。

後半戦に入って1勝3敗と波に乗れないヘルタ・ベルリン。今節は、3日前にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでアーセナルを1-5で粉砕し、勢いに乗るバイエルンをホームに迎えた。

試合は開始21分、ヘルタ・ベルリンが少ないチャンスを生かして先制に成功した。左サイドの高い位置でFKを獲得すると、マルヴィン・プラッテンハルトのクロスに、ニアサイドに飛び込んだヴェダド・イビシェヴィッチが合わせてゴールネットを揺らした。

失点を喫したバイエルンは攻勢に出るが、なかなかゴールが遠い。24分に右サイドのFKからマッツ・フンメルスがヘディングシュートを放つが、相手GKに阻まれる。35分にはアリエン・ロッベンがエリア内右に抜け出してフリーで強烈なシュートを放つが、これもGKルネ・ヤーステインにセーブされた。

ヘルタは38分、原口がアルトゥーロ・ビダル、フアン・ベルナトを抜き去って右サイドを突破する。深い位置からのクロスは、懸命に戻ったベルナトにブロックされたものの、右CKを獲得。このチャンスに、ゴール前のイビシェヴィッチがこぼれ球を押し込んでネットを揺らすが、オフサイドの判定となった。前半はヘルタの1点リードで折り返す。

後半に入ると、立ち上がりはヘルタのペース。56分、エリア内右に走り上がった原口が味方のパスを右足ダイレクトで振り抜くが、シュートはクロスバー上に外れた。58分にはエリア手前左からウラジミール・ダリダがミドルシュートを放ったが、追加点とはならない。

追いつきたいバイエルンは61分にビダルとジョシュア・キミッヒを下げ、ロベルト・レヴァンドフスキとシャビ・アロンソを投入。71分、レヴァンドフスキがエリア手前中央のFKで直接狙ったが、これは壁に弾き返される。直後にもX・アロンソがミドルシュートで狙ったが、相手DFにブロックされた。77分にはベルナトを下げて、キングスレイ・コマンを送り出し、さらに反撃に力を入れる。

バイエルンの猛攻をなんとか凌いでいたヘルタだったが、最後のワンプレーで力尽きた。バイエルンは左サイドのFKから、エリア内中央でフリーのロッベンがダイレクトシュート。これは相手DFにブロックされたが、ゴール前のレバンドフスキが押し込んで同点に追い付いた。

試合は直後にタイムアップを迎え、ヘルタが土壇場で失点を喫し、1-1のドローでバイエルンからの金星を逃した。なお、原口は後半アディショナルタイム4分に途中交代となった。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-1 バイエルン

【得点者】
1-0 21分 ヴェダド・イビシェヴィッチ(ヘルタ・ベルリン)
1-1 90+6分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報