ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月22日

シーバー「トラウマにはなっていない」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4108
2015年3月に膝の軟骨を負傷して手術、1年間にわたり離脱を余儀なくされたユリアン・シーバー。今季はここまでジョーカーとして3得点をマークしていたものの、再び膝を負傷、手術を余儀なくされ長期離脱へ入ることとなった。

…手術の経過はいかがでしょうか
シーバー:手術は順調だった。ボエニシュ医師も僕もとても満足しているよ。以前に手術した箇所だ。僕自身はいい感じだし、週末まではこのままアウグスブルクにとどまることになると思う。

…復帰までの見通しは?
シーバー:それにはまだなんとも言えない。経過次第といったところだね。

…膝について
また痛めてしまったというところではあるけど、でもトラウマになっているわけではないよ。ポジティブに前を向いている。

…2015年の時と比較して
シーバー:あの時の方がショックは大きかった。僕も成長したし、うまく対処していけると思う。前よりもうまく判断ができるしね。あのときはリハビリの仕方や、どういうところに注意して、そして状況をどう克服しなくてはいけないかを学ばなくてはいけなかった。でも今はもう、僕は自分が何をすべきかをしっかりと理解しているよ。