ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月21日

サロモン・カルーが筋損傷を抱え離脱へ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kalou8-1490028071
悪い予感が的中してしまった…。週末に行われたケルン戦にて、相手DFパヴェル・オルコウスキとの対人戦にて負傷していたサロモン・カルーが、その後の検査の結果、筋損傷を抱えていることが月曜に明らかとなった。

なおその際には、ミッチェル・ヴァイザーが投入されている。

先日ベルリンとの契約を2019年まで延長した31歳は、今季は家族からの相次ぐ訃報や自身の怪我の影響もあり、ここまで17試合の出場にとどまっているものの、チームで2番目に得点に絡む6得点4アシストの活躍をみせているところだ。

ちなみに今回の代表戦期間では、カルーはコートジボワール代表からの召集は受けていない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報