ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月22日

W杯予選4試合連続ゴール中と好調の原口、UAE戦は「勝つことに執着」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は21日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選・UAE(アラブ首長国連邦)代表戦に向け、アル・アインでトレーニングを実施。FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)が練習後に取材に応じ、UAE戦は「勝ち点3を取ることだけを考えている」と意気込みを明かした。

 所属するヘルタ・ベルリンでは公式戦8試合連続で先発出場中と定位置を手にしている原口。現在の状態については「暑かったりしますけど、コンディション的にもいいですし、中東独特の雰囲気もあって、日本とはまた雰囲気が違いますけど、試合に集中できるかなと思います」と調子の良さをうかがわせ、アウェイでの重要な一戦に向けてやるべきことに集中できているようだ。。

「チームとしてやるべきことをやるっていうのはもちろんですけど、僕自身は自分の役割をこなせるように、自分の仕事に集中をして、しっかり役割をこなせるようにしたい。もちろんスカウティングしていますし、危険な選手も何人かいますけど、それよりも自分たちのやることをしっかりやることが勝ち点3につながると思いますね」

 アジア最終予選では4試合連続ゴール中と結果を出し続けている原口だが、「そのゴールを取る、点を取るのも僕の役割の1つなのでもちろん継続したいですけど、他にも役割があるのでしっかりやりつつ、ゴールという結果も残せたらいいかなと思います」と、自身の役割をこなした上でゴールも狙いたいと口にした。

 また、ひざの負傷の影響でチームを離れたキャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)については、「常にチームをまとめていた選手なので、難しいというか何と言うか。もちろん痛いですけど、それをしっかりカバーできるような選手がいますし、しっかりチームで戦えるんじゃないかなと思います」と言及し、UAE戦への意気込みを語った。

「勝ち点3というか、勝つこと。本当にそこだけに執着してというか、そこだけを目指してみんなでやりたい。しっかりした準備が必要だと思うので、やれる期間は短いですが、やれることをすべてやって臨みたいと思います」

 日本代表は23日にアウェイでUAEと、28日にホームでタイ代表と対戦する。
きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報