ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月30日

金曜無敗のダルダイ監督「これを続けていきたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


サマータイムに入り、最初のブンデスリーガの試合を金曜日に迎えるヘルタ・ベルリン。ここまで金曜日ん試合では、ダルダイ監督就任以降は5勝5分と負けなしとなっているが、指揮官は「あまり深く気にしているわけではないのだが、リズムがいいのかもしれないね。ホテルではなく自宅で過ごすことで最後の一踏ん張りができるのかもしれない。これが続くといいね」と語った。

なお膝蓋腱に問題を抱え、さらに米国代表参加中には副鼻腔炎のために早期離脱したアンソニー・ブルックスについては「ブルックスはもう膝には問題を抱えていない。いい感じに見えるよ」とコメント。その一方で大腿筋に問題を抱えていたサロモン・カルーについては「カルーについてはよくわからない。水曜午後にチーム練習に参加する。そのなかには不安定な動きも出てくるだろうが、ただリスクはさけたいと思うよ」との見方を示している。

代表戦あけ初戦ということもあり、苦しいやりくりを強いられることになるが「言い訳にはならない」とダルダイ監督。「確かにホッフェンハイムの選手層はとても厚いが、ただうちにとって有利な展開となればホームで勝利を収めることはできるだろう」と自信をのぞかせ、CL出場権獲得圏内となる4位を巡る争いとの見方もあるが、あくまで「ホッフェンハイムはCLをめざして、我々はELをめざして戦っているかんじだ。4位を巡る攻防とは思わないよ」との考えを述べた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報