ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月13日

ダルダイ監督「マインツが不振?それを利用するまで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dardai800-1492016640
土曜日に行われるマインツ戦にむけて、水曜午後にトレーニングを行なったパル・ダルダイ監督。練習については「とても満足している。いい感じにみえるよ」そう語った指揮官は、マインツが自身がトップチームとして最初に戦った相手であることについて問われると、「そんなことは考えていなかったね」とだけ答えている。

「どの試合もそれぞれに違うものだ。マインツにとって今回の試合は非常に大きな意義をもつことだろう」とコメント。現在マインツは泥沼の5連敗という状況にあり、自動降格圏内となる17位まで勝ち点差1にまで迫られているところだ。

ただし「試合の重要性については我々にとっても同じことだ」とハンガリー人指揮官。「アウェイ戦での悪い流れを食い止めたい。アウグスブルク戦でみせたようなサッカーができれば、そのチャンスはでてくるだろう。マインツの不振もうまく利用したいところだね」と意気込みをみせた。

なお前節のアウグスブルク戦で、警告をうけたオンドレイ・ドゥダが累積警告のために欠場。さらに負傷を抱えるオンドレイ・ドゥダ(筋損傷)、ジナン・クルト(足首)、アルネ・マイアー(ひざ)、さらにミッチェル・ヴァイザー(大腿筋の筋損傷)となっており、ドゥダは4月22日のヴォルフスブルク戦での復帰がみこまれているが、ヴァイザーについては「まだわからない」とダルダイ監督は明かしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報