ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月21日

ヘルタ、大黒柱イビセヴィッチ復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kade8-1492698539
シーズン残り5試合を前にして、「あと3勝必要だ」と宣言したパル・ダルダイ監督だが、まずその初戦となるヴォルフスブルク戦を前に、ヴェダド・イビセヴィッチが出場可能にあることが明らかとなった。

「特に金曜日に問題がない限り、彼はいけるよ」と指揮官。ここまでチーム最多得点をマークしている32歳のベテランFWは、火曜に行われた練習中での対人戦で左膝に打撲を抱えていたものの、水曜日にはすでにチーム練習復帰をはたしていた。

なおこの試合での1つのポイントとなるのが、果たして誰がトップ下でプレーするのかという点である。今季はここまで、最もこのポジションでプレーしていたのはウラジミール・ダリダなのだが、しかしニクラス・シュタークの欠場に伴いボランチにスライドする可能性がある。

そこでサロモン・カルーをトップ下で起用することも考えれるのだが、ダルダイ監督は、「万全の状態のオンドレイ・ドゥダが理想的なんだがね」とコメント。

確かにドゥダは負傷から回復は果たしたものの、まだフィジカル面では100%の状態にまでは戻しきれていないところだ。

それでもダルダイ監督は「どのような決断にしても、勝利を目指していくことに変わりはない」と意気込みを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報