ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月25日

米国代表ブルックスが、ブレーメン戦を欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

brooks8-1493110159
週末にヴェルダー・ブレーメン戦が控えるヘルタ・ベルリンだが、しかしジョン・アンソニー・ブルックスが欠場を余儀なくされることがあきらかとなった。

同選手は先日のヴォルフスブルク戦にて負傷、それでもプレーし続けたのだが、その後の精密検査の結果、臀部の筋肉に筋損傷がみられることが判明している。

なおベルリンでは、CBのオプションであるニクラス・シュタークとファビアン・ルステンベルガーも負傷により離脱中にあり、欧州リーグ出場権獲得に向けて山場を迎えるパル・ダルダイ監督にとって大きな痛手だ。

またベルリンではそのほかにも、ミッチェル・ヴァイザー、ジナン・クルト、ヴァレンティン・シュトッカー、ユリアン・シーバーらも負傷離脱している。

そんななかで現在絶好調のブレーメンと対戦することになるのだが、ブルックスの代役は若手ジョーダン・トルナリガが務めることになるだろう。ドイツU20代表DFは、ヴォルフスブルク戦での終盤からブンデス4試合目の出場を果たしており、このときはかつてプレーしていたFWでの起用となった。

ちなみに先発デビューは今年の4月はじめのグラードバッハ戦で、そのときは左サイドバックとしてプレー。今回はいよいよ本職CBでの先発出場ということになる。