ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月04日

コーヒーとケーキとともに、ダルダイ監督「原口元気といい話し合いをした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dardai800-1493896995 (1)
今シーズンはここまで平均4万9000人の観客動員数を誇っているヘルタ・ベルリンだが、週末の夕方に行われる今節のハイライト、ライプツィヒ戦では68000人もの観衆が見込まれている。

ブンデスでは、本来午後15時半から試合が開始されることがほとんどであり、「その時間が好きなんだけどね。その後はゆっくりとその日を過ごすことができるし」と語ったパル・ダルダイ監督だが、2位との対決を前に「意欲的に相手に食らいついていき、そして対人戦で上回ることができたら勝機はある」と意気込みをみせた。

ただその一方で、ヘルタ・ベルリンには気にかかる選手が一人いる。先日ダルダイ監督が、「一体なにを悩んでいるのか、それを知りたいんだ」と話していた原口元気だ。今季は素晴らしい出だしをみせた日本代表MFだが、特に最近5試合では4回kicker採点で5以下を記録。

そこで指揮官は、原口との直接のコミュニケーションをはかったことを明かしており、「コーヒーとケーキも一緒にね。いい話し合いができたよ」とコメント。ただその一方で、「起用された時には、彼はパフォーマンスをしっかりと発揮しなくてはならない。彼の戦場はブンデスリーガなのだから」と奮起を期待しており、原口としては、その監督の想いに応えたい。

なおヘルタ・ベルリンでは、この試合でアンソニー・ブルックス(臀部の筋損傷)とマルヴィン・プラッテンハルト(大腿筋の筋損傷)の出場が危ぶまれているものの、逆に復調を果たしたヴァレンティン・シュトッカーとミッチェル・ヴァイザーの復帰が期待されており、ダルダイ監督は「ヴァイザーの状態は非常にしっかりしている」との評価を述べている。

先発予想:ベルリンvsライプツィヒ

ベルリン(5位):ヤースタイン – ペカリク, S. ラングカンプ, トルナリガ, ミッテルシュテート – ダリダ, シェルブレッド – エスヴァイン, シュトッカー, カルー – イビセヴィッチ

ライプツィヒ(2位):グラーチ – ベルナルド, オルバン, コンパー, ハルステンベルク – イルザンカー, デメ – ケイタ, フォルスベリ – サビッツァ, Y. ポウルセン


  • ブンデスリーガ・各チーム情報