ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月12日

ベルリンの若手DFトルナリガ、足首負傷で2・3週間の離脱へ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


キャンプ地バード・ザーロウにて火曜午前、オフィシャルフォトを撮影したヘルタ・ベルリン。それから昨日に負傷したジョーダン・トルナリガは、80km離れたベルリンへと検査のために移動した。

しかし高速道路が通行止めとなっていたことから迂回を余儀なくされており、最終的には2時間半お有情かかて到着。そして受けた検査の結果、外側即副じん帯の損傷が明らかとなった。

クラブ側の発表によれば離脱期間は2・3習慣とのことで、8月14日に行われるポカール初戦までには間に合うこととなる。

月曜日の練習中に若手CBはベテランCBラングカンプとの対人戦で負傷。そのまま足首にバンデージで分厚く巻いたままピッチを後にしていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報