ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月14日

負傷明けのシュターク、移籍の可能性ある原口がメンバー入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本来はブンデス開幕戦に照準を合わせ回復を目指していたニクラス・シュタークだが、月曜日に行われるDFBポカール1回戦からメンバー復帰を果たしたことが明らかとなった。

今夏に行われたU21欧州選手権では、ドイツ代表の一員として優勝に貢献していた同選手。しかしながら肋骨に亀裂骨折をかかえていたことが判明。これまでは別メニューをこなしていたのだが、水曜日から足首を負傷していたジョーダン・トルナリガとともに、チーム練習復帰を果たしている。

なおそのトルナリガはすでに、U23にて実践復帰を果たしており、負傷によりミッテルシュテートが欠場をよぎなくされることから、シュタークとともに今回の遠征メンバーに名前を連ねた。そのほかベルリンでは、シーバーとゼルケのFWにくわえ、ラザロも足首の負傷により欠場。さらに移籍の可能性が指摘されているシュトッカーや、先日ダルダイ監督から苦言を呈されたクルトもメンバー外に。一方で原口元気も移籍の可能性が伝えられているところだが、こちらについては今回はメンバー入りを果たした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報