ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月28日

原口、豪州戦で同僚とマッチアップの可能性に「実は癖も見ていた」とニヤリ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 勝てば予選突破の大一番を迎える。日本代表は31日のオーストラリア戦に向けて、28日に埼玉県内で練習を実施。この日から合流したFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)は、軽めのメニューで調整を行った。

 オーストラリア戦では同僚とマッチアップする可能性が高い。相手は3月のイラク戦から3-4-2-1を採用。その右ウイングバッグを担うのは、今シーズンからヘルタ・ベルリンに加入したMFマシュー・レッキーだ。すでに所属クラブでは開幕戦から2ゴールを挙げており、原口のライバルとも言える存在だろう。

「お互いによく分かっているので、やりにくさはあるかもしれない。彼の良さも分かっているけど、実はじっくり癖も見ていた。その辺を考えながら、見ていた部分はありましたけどね」

 そう言ってニヤリと笑う。原口はベンチからレッキーのプレーを観察しながら、頭の中でイメージを膨らませていたようだ。ドルトムント戦後には「グッドラック」と言葉を掛け合い、代表チームに合流したという。

 日本は過去のW杯予選で、オーストラリアに0勝5分2敗と一度も勝利を収めたことがない。「『俺が俺が』というよりも、『チームのために』という選手が多い方が勝つ。どれだけチームのために、みんなで助け合えるかという部分が日本の強さだと思う」。今回も苦戦が予想されるが、大きなプレッシャーがかかることは「当然なので」といつもの冷静な口調で語る。気負いが力みにつながってしまうこともある。原口は「プレッシャーをコントロールするのは難しいと思うので、うまく付き合いながら、自分のやるべきことに集中したい」と静かに闘志を燃やした。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報