ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月21日

原口は5戦連続ベンチで終盤出場…ヘルタが開幕戦以来4試合ぶりの勝利

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第5節が20日に行われ、日本代表MF原口元気の所属するヘルタ・ベルリンとレヴァークーゼンが対戦した。原口は5試合連続でベンチスタートとなった。

 試合が動いたのは16分、ヘルタが先制に成功した。右サイドでパスを受けたマシュー・レッキーがペナルティエリア内に切り込んで左足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に突き刺さった。

 ヘルタはさらに24分、右サイドのミッチェル・ヴァイザーが意表を突くスローインをエリア内に送ると、走り込んだヴェダド・イビシェヴィッチがGKの目の前でトラップし、切り返してクロス。これを中央でフリーのサロモン・カルーが頭で無人のゴールに叩き込み、追加点を挙げた。

 2点ビハインドで折り返したレヴァークーゼンは84分に反撃が実る。パナギオティス・レトソスからパスを受けたユリアン・ブラントが、エリア手前中央で右足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たってコースが代わり、ゴール右隅に決まった。

 1点差とされたヘルタは87分、カルーを下げて原口を送り出す。レヴァークーゼンは89分、レオン・ベイリーの落としを受けたドミニク・コールがエリア内中央から左足ダイレクトシュートを放つが、わずかにクロスバー上に外れた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ヘルタが2-1で開幕戦以来4試合ぶりの白星を収めた。なお、原口は87分からプレーした。

 ヘルタは次節、23日に敵地で日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツと対戦。レヴァークーゼンは24日に同代表DF酒井高徳の所属するハンブルガー・SVをホームに迎える。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 2-1 レヴァークーゼン

【得点者】
1-0 16分 マシュー・レッキー(ヘルタ)
2-0 24分 サロモン・カルー(ヘルタ)
2-1 84分 ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報