ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月02日

ヘルタ・ベルリンのプレーツ氏「とにかく勝つしかない」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


状況は明白だ。グループJ最下位に甘んじるヘルタ・ベルリンとしては、「ぜひ勝利を収めたい。そうしなくてはもう大会は終了を意味してしまうということ。」そう語ったマネージャーのミヒャエル・プレーツ氏は、「確かに勝ち抜けられるかはわからないが、しかしホーム戦ではとにかく勝利を収めたいよ」と意気込みをみせた。

「それに勝利をおさめることは、自分たちの自信の蓄積にも繋がっていくことだしね。それを木曜日に期待しているところだよ。もしも結果が得られれば、胸を張って次の戦いへと臨めるだろうさ。ここでぜひ勝利をおさめたいところだね」

なおヘルタ・ベルリンは先週末のハンブルク戦にて、公式戦7試合未勝利をストップさせることに成功しているのだが、「あくまでFCゾリャ・ルハーンシク戦にむけて集中しているよ」とプレーツ氏。

「ELではこれまでどの試合でも我々は勝利を目指していきたかったのだが、しかしながら残念ながらそううまくはいかなかった。チャンスもあったし、リードもしたのだけれどもね」と言葉を続けている。

「こと欧州の舞台では、チャンスを活かせてはじめて勝機を見いだせるものなんだ。それができなければそのぶんの代償を支払うことになるということ。それがこれまでの3試合で見られたことだし、我々も経験を積んだ。」と反省も。

今回のFCゾリャ・ルハーンシク戦にむけでは、「我々はもっと効率性を改善し、得点チャンスを活かしていかなくてはならない。そうすれば、木曜の試合で可能性は生まれることになるよ」と選手たちの奮起を促した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報