ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月08日

ヘルタ・ベルリン、ヴァイザーとシュタークに休養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日に行われたヘルタ・ベルリンの練習では、ミッチェル・ヴァイザーの姿が見受けられなかった。同選手は臀部に打撲を抱えており、「ちょうどリーグ戦がない期間で、何日か彼に休養を与えられるのはよかったよ」と、パル・ダルダイ監督は練習後に語っている。

また現在は14選手が代表参加で不在のなか、この日の練習ではヴァイザーのほか、ヴォルフスブルク戦でふくらはぎに負傷を抱えたニクラス・シュタークについても不在となった。

なお若手選手らを加えて行われた火曜日の練習では、本来ならばスーパーゴールとして讃えられるようなみごとなゴールが連発しており、特に主将のイビセヴィッチやゼルケらが披露。

特にイビセヴィッチについては、先日のヴォルフスブルク戦でようやく今季初得点をマークしたが、ダルダイ監督は「最近はあまりボールをさわれていなかったしね。また得点できてよかったよ」と喜びを見せている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報