ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月20日

ヘルタ、ヴァイザーが肩を負傷し練習不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜日が休養日にあてたヘルタ・ベルリン。月曜日から再び木曜のヨーロッパリーグビルバオ戦と、週末のケルン戦にむけて準備をすすめていくことになるのだが、しかしながらこの日の練習にはミッチェル・ヴァイザーが参加しないことが明らかとなった。

同選手は試合終了間際に、相手FWヨシプ・ドルミッチとの対人戦で肩を負傷、ドルミッチにはイエローカードが出されている。しかしながらヴァイザーが長期離脱する恐れはないようで、木曜日のビルバオとのホーム戦にも出場する可能性が残されている模様。ちなみに週末の相手ケルンは、ヴァイザーがプロの階段を上った古巣との対戦だ。

その一方で週末の試合では、ふくらはぎの筋肉の損傷により欠場を余儀なくされていたニクラス・シュタークについては、まだしばらくはフィートコーチとともに個人練習を続けることになり、木曜のビルバオ戦は時期尚早。だがケルン戦については回復次第ではチャンスもありそうだ。

そのシュタークとともにチーム練習復帰が間近に迫っているのが、2月に軟骨の手術を受けたユリアン・シーバーである。ただし膝を負傷したウラジミール。ダリダについては、kickerが得た情報によれば一度はランニングを試みたものの中断を余儀なくされており、月曜日にも年内復帰の可能性について判断することになりそうだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報