ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月22日

ヘルタ、飛行機の故障でフライトが延期に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヨーロッパリーグ・グループJ第5節を前に、グループ内では最下位ヘルタ・ベルリンと首位のエステルスンドとの差はわずかに3。どのような展開もありえるスリリングな展開となっている中、木曜にはビルバオとのタフなアウェイ戦が控えているところだ。

だがそんな一戦を前にして、ヘルタ・ベルリンにちょっとした追い打ちが襲いかかっている。飛行機が故障したためにフライトが一旦みあわされ、ヘルタは練習プログラムについて変更を余儀なくされている。

本来なら最終調整は、サン・マメスのスタジアムで練習する予定となっていたものの、ひとまずベルリンにてフライトまで調整を行なっていくことになってしまった。


しかしそれでもパル・ダルダイ監督は「スタジアムで練習できないことだけがデメリットだよ」とあまり気にするそぶりをみせてはおらず、「いい練習ができたし、選手たちはポジティブなままだ。無事到着して、夕食をとって、そしてしっかりと眠れればそれでいいよ。」と述べている。

一方の選手のほうは、ヴァレンティノ・ラザロは「もちろん変な感じがしたよ。頭の中を切り替える必要があったし、ちょっとリズムがかわるから。でもプロとしてやっていかないと。これからはメンタル力が試されるよ」と意気込みをみせた。

なおこの試合では、先日のグラードバッは戦で肩を負傷したミッチェル・ヴァイザーと、筋肉系の負傷で欠場していたマテュー・レッキーがメンバー復帰。その一方で今回は休養のために守護神ルネ・ヤースタインと、オンドレイ・ドゥダの参加が見合わされている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報