ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月02日

オンドレイ・ドゥダ、先発復帰の道のりは困難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨夏には移籍金400万ユーロを投じて、レギア・ワルシャワから迎え入れたオンドレイ・ドゥダ。しかし足に重傷を負い、悪夢のような初年度を過ごすと、復活を期して臨んだ今季は一時定位置を確保したかにみえたが、再び出場機会を失っているところだ。

その理由について、パル・ダルダイ監督は「代表戦に入る前は状態がよかったのだ。しかしそこで何があったのかわからないが、1時間ももたないようになってしまったよ」と説明。さらに攻撃的ポジションならば複数で可能なヴァレンティノ・ラザロがもつポリバレントさ、そしてスピードが「カウンターで有効」との見方を示した。

ただし「ここのところ、ドゥダは良いトレーニングができている」と振り返るように、すでにフィットネス面での問題は解消しているようだが、「しかしながら今はチームがうまく機能しているし、あえて変更を行う理由がない。今はドゥダは定位置争いでは難しい状況にあるよ」と述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報