ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月02日

ダルダイ監督「アグレッシブさ」を選手たちに要求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ホッフェンハイムとのホーム戦を前に、パル・ダルダイ監督は「おそらく、そんなに美しい試合にはならないだろうね。」と予想。相手チームんについては「とてもいい選手たちが揃っているよ」と評価。

特にマルク・ウート、そしてセルゲ・ニャブリといった若手ドイツ人選手「2人のスピードあるFWが控えているし、彼らのカウンターにうまく対応していかなくては」と警戒した。「アグレッシブさをもってプレーしなくてはならないよ。ホーム戦なのだしね」

なお大腿筋に問題を抱えていたミッチェル・ヴァイザーについては、再び個人練習に勤しむ姿が見受けられており、「1つの良い前進だ。」と指揮官。ただまだ復帰までは時期尚早だ。

また前節ではルステンベルガーの代役を務めたトリナリガが好パフォーマンスを披露。この試合ではどちらの選手を起用するかについては、練習の様子を見た上で「選手たちと話し合うつもりだ」との考えを示している。

また大腿筋の負傷で離脱中のルネ・ヤースタインについても、「とても良い感じ」とのことだが、まだ引き続きクラフトが先発を務めることになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報