ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月17日

ヘルタのニクラス・シュタークが鼻骨を骨折

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヘルタ・ベルリンはおそらくは週末の試合で、ニクラス・シュタークを欠いて臨むことになりそうだ。23才のディフェンダーは、先週末に行われたケルンとのホーム戦にて鼻骨を骨折。火曜日に手術を受けたことが明らかとなっている。

パル・ダルダイ監督は「手術はうまくいった。ただ週末の試合までに間に合うかについては、まだなんともいえない。ニクラスは明日、特殊な保護マスクをつけてのプレーのトライすることになる。」と火曜午後に説明した。

なおこの日の練習では、膝に負傷を抱えるファビアン・ルステンベルガーと、臀部に打撲を抱えるジョーダン・トルナリガの姿も見受けられてなかった。両選手ともにシュターク離脱の際には代役候補と目されているが、「二人とも明日は練習するよ」と指揮官。「ただ現状をみるぶんでは、フランクフルトではトルナリガが出場することになりそうだね」とも付け加えている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報