ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月08日

ヘルタ、スピードに長けた若手SBクリュンターを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヘルタ・ベルリンは月曜、来季にむけた二人目となる新規獲得選手を発表した、ジャヴァイロ・ディルロスンにつづき、ヘルタは2部降格が確定したケルンから、ルーカス・クリュンターを迎え入れている。スプリントにいいものをもつ右サイドバックとは、長期契約を結んだとだけ伝えられているものの、kickerが得た情報によれば同選手は4念契約のサインをしたようだ。

「ルーカスがヘルタ入団を決断してくれてとてもうれしいよ。彼は我々ところで、次のステップへと歩みを進めたい、確固たるブンデスリーガーとなることを目指して加入することになる。我々は彼がもつそのクオリティ、特にテンポという部分で、チームの助けになってくれるものと確信しているよ」と、ヘルタ・ベルリンでマネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏は、そう喜びを語った。「それに大きなポテンシャルをもったドイツ人の若手選手を迎え入れたことは、1つの良いシグナルにもなるものだよね」

一方のクリュンターも、ヘルタでの新たな挑戦を心待ちにしており、「今回のベルリンへの移籍は、自分にとってさらに成長するための大きなチャンスだと思っている。この新しいタスクに全力でのぞみ、そして自分のポテンシャルを発揮していきたいと思うよ」と、意気込みをみせた。移籍金額は200万ユーロ。

2016年4月3日に行われたホッフェンハイム戦にてブンデスリーガデビューを果たした同選手は、2017年5月に行われたバイヤー・レヴァークーゼンとのダービーにてブンデス初得点を記録。ここまでケルンでは公式戦33試合に出場しており、国際舞台でも今季ヨーロッパリーグにて、グループリーグ3試合で出場、そのうちの2試合はアーセナル戦だった。

またドイツ代表としては2017年にU21代表としてデビュー、昨夏にポーランドで行われたU21欧州選手権での優勝メンバーにも名を連ねている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報