ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月28日

ダヴィー・ゼルケにプレミアからオファーも一蹴

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kickerとの独占インタビューのなかで、ヘルタ・ベルリンのFWダヴィー・ゼルケは、プレミアリーグのクラブから「今夏にかなり具体的なオファーがあった」ことを明かした。詳しいことについては語ることはなかったものの、「プレミアは気に入っているリーグだし、僕のプレースタイルも合うかなと思う」とコメント。

しかしそれと同時に、今夏での移籍の可能性については、明確に否定している。「代理人に早い段階から伝えていたのは、僕はベルリンを1年で後にする考えはないということ。ライプツィヒで苦しい時間をすごし、そしてここベルリンで出場機会と監督からの信頼、そして家族的な雰囲気という、僕が求めていたものを見つけ出したんだ。」

昨夏にヘルタに加入した同選手は、移籍初年度にリーグ戦27試合に出場して10得点5アシストをマーク。主将ヴェダド・イビセヴィッチから、シーズン途中より先発の座を奪い取る活躍をみせている。

自らの成長への手応えを口にする、23才のセンターフォーワードは「このヘルタで手にしているものをよく理解しているし、ここで次のステップアップを果たしたい。プレミアにいくのは後からでも構わないよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報