ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月01日

ヘルタ、日曜の練習で2選手が負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金曜日と土曜日にはパフォーマンステストを実施し、オフあけのフィジカル面での確認を行なったヘルタ・ベルリン。パル・ダルダイ監督は「誰も、特に遅れが出ているわけではない」と明かし、「みんなオフでも、しっかりと取り組んできたようだね」と目を細めた。「とても満足だよ」

そのためこれからは予定通りに、「通常のスタミナ面の強化を一両日かけて行い、それからは俊敏性へ」と移行していくとのこと。日曜午前はピッチ上で、午後はランニングメニューをこなし、最後には10人を3チームにわけて対峙するトレーニングが行われている。

そこでは「熱くなっていたね」とダヴィー・ゼルケが語っているように、ただ見ていただけだったクラフトに同選手が蹴られたとして口論になる場面も。さらに若手のヤストジェムスキーが肩を、ドゥダがスネをそれぞれに負傷する場面も見受けられたのだが、間も無くして再びトレーニングを継続していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報