ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月14日

ヘルタ・ベルリン、負傷のダリダとペカリクが引き続き別メニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘルタ・ベルリンの最初のテストマッチで、膝を捻挫してしまったウラジミール・ダリダ。土曜日にはチームメイトたちが合宿地ノイルッピンでチーム練習に勤しむ中、同選手は黙々とランニングメニューをこなす姿が見受けられた。「まだ痛みは残っているんだ」と、kickerに対して明かしたダリダは「これから負荷に対してどう反応するかみてみることになる」とコメント。

 また膝に炎症を抱えるペーター・ペカリクについても、まだチーム練習に参加することはできておらず、いまだ復帰時期も未定となったまま。「予想するのは難しいね」とダルダイ監督。「日々、”今朝は別の痛みがあった”とか耳にする」とも明かしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報