ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月17日

ゼルケが気胸のため肺を手術、プレーツ氏「補強はしない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週土曜午前に行われた練習にて、サロモン・カルーとの対人戦に臨んだ際に負傷し、午後になって痛みが増してきたことを訴え、病院へと搬送されていたダヴィー・ゼルケ

 その後の検査の結果で、ゼルケは気胸を抱えていたことが明らかとなっていたのだが、チームドクターのパク医師からはすでに痛みからは解放されたことが伝えられ、さらにその後の精密検査でも特に悪化はみられなかったとのこと。

 そして月曜日に合宿地ノイルッピンから、気胸に詳しいベルリンの病院へと搬送されており、本日火曜午前に「専門家との話し合いの結果、手術を受けることになりました」とパク医師が報告。

 離脱期間については「未定」であり、あくまで「回復はひとそれぞれ」ではあるものの、しかしながら昨夏にU21欧州選手権で優勝を果たしたFWは、今季の開幕戦では欠場することがすでに確定的となっている。


ただそれでもマネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏は、「今回のことで、今夏の移籍市場での動きに影響を及ぼすことはない」とコメント。「うちではどのポジションでも二人ずつ配置されているし、ダヴィーがいなければヴェダドが控えているし、それ以外にもこのポジションではオプションはある」

そしてゼルケに対して「滅多に起こらない負傷を抱えてしまった。ただ非常に早く対処できたし、ベストの治療としてうけた手術が無事に行われた」と述べ、「これからは時間が必要であり、必要な分だけしっかり与える。完調することが重要だ。彼なら以前のまま、もしくはさらにたくましくなって帰ってきてくれるころだろう」とエールを送った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報