Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月05日

ホッフェンハイム、ACを獲得

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

reuter800-1451907194


ホッフェンハイムは新たなアシスタントコーチとして、アルミン・ロイタースハーン氏を招聘したことを発表した。55歳のベテランコーチとは、ステフェンス監督よりも長い2019年まで。


すでにホッフェンハイムは来季より、若手指揮官ユリアン・ナーゲルスマン氏の就任を発表。来季は同氏の下で引き続き、ロイタースハーン氏はコーチを務めるということになる。


シュトゥットガルト時代にはステフェンス氏とともに残留に導いた同氏の招聘に、マネージャーのローゼン氏は「アルミン・ロイタースハーン氏のような経験豊富な人材を、長期間迎え入れることができて嬉しく思う。」と述べ、「理想的な解決策だ」と胸を張った。


stevens800-1451909934


なおこの日から後半戦に向けて再始動したホッフェンハイム。


ステフェンス監督は「選手からは良い印象を受けているよ。もしちゃんと宿題をこなしてきたのであれば、我々はそこからしっかりとベースを作り上げることができるだろう」とコメント。


「うまくサッカー以外の時間も使えたように願っているよ。それが選手たちのメンタル面にも影響するんだ。」との考えを示した。


またこの日はシャライのレンタル移籍も発表されているが、同監督は「監督としての希望はあるし、話し合いもしている。まったく同じメンバーで戦っていけたらと思うものさ。しかし移籍市場が閉まるまでは慌ただしくなってしまう」と述べており、「選手たちを信頼しているが、市場にも目を向けることになるさ。何かあれば動きに出なくてはならない。ただ冬は夏より難しいよ」との見方を口にしている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker