ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月13日

オクス「ホッフェンハイムで頑張る」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-01-13 1.27.37

先日2019年までのプロ契約を締結したフィリップ・オクスが、デビュー戦の喜び、定位置争い、そしてこれからもホッフェンハイムでプレーしていくことへの意気込みを語った。




 フィリップ・オクス
僕はまだとても若い選手だ。本来ならU19でプレーしているところだよ。今季はトップチームとともにいて、デビューを果たせたことに喜びを感じている。


思うところはたくさんあるし、常にプレーしたいと思うものだよ。でももちろん僕は現状について理解もしている。ここには若い選手しかいないわけではないし、僕のポジションは定位置争いが激しいんだ。たとえばバルガスとかね。でも僕はうれしいんだ。チームを良くしてくれる選手だし、こういう選手からはたくさん学ぶところがある。ただそのためには、ずっとトップチームで練習できるようになくてはいけないけどね。


ユースとの違いは、テンポやフィジカルさは別物だ。はるかに食らいついていかなくてはならないよ。それにとても早い決断がピッチで求められるし、ずる賢くないとボールを奪われてしまう恐れが出てくるんだ。


レンタル移籍については考えにないよ。ホッフェンハイムでのチャンスを模索する。


元U19監督のナーゲルスマン氏が、来季から監督になるのは楽しみだ。彼からとても多くのことを学べると思うよ。そんなにプレーできない状況だとしてもね。彼はとても良い監督なんだ。それに彼は僕のことを知っている。目標としてはホッフェンハイムでやり通すということ。まだ僕には時間があるんだ。ただ来季にもっと出場できることを願っているけどね。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報