ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月17日

ズーレとアミリも風邪

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-01-17 12.26.02


残留に向け準備にいそしむホッフェンハイム。だがステフェンす監督は、数多くの離脱者に悩まされているところだ。


南アフリカで行われたキャンプでは、ケヴィン・クラーニィ(靱帯、風邪)、タリク・エルユヌシ(内転筋)、ニコライ・ラップ(臀部)、ピルミン・シュヴェグラー、ケヴィン・フォランド、オイゲン・ポランスキ(3選手とも大腿筋)が練習に不参加。


さらに土曜日に行われた練習では、CBニクラス・ズーレとMFナディーム・アミリの二人の若手が、風邪のために練習参加を見合わせた。


またイェンス・グラール(病気)とカイ・ハードリング(膝)に関しては、キャンプの参加自体も見合わせており、すでに回復をみせてはいるものの、シュテフェン・ツーバー(足首)とファビアン・シェアー(ふくらはぎ)も負傷を抱えている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報