Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月20日

ホッフェンハイム、オフェンス強化間近か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kramaric-1453189933


現在2部降格圏内に沈むホッフェンハイムは、今冬でのオフェンスの強化を目指したい考えだが、まもなくしてアンドレイ・クラマリッチを、今季いっぱいまでのレンタルにて獲得することになりそうだ。さらに買い取りオプションも付けられる模様。


クラマリッチは1年前にプレミアへと渡ったものの、最近ではヴァーディ、岡崎、ウジョアの後塵を拝する形となっており、今夏でのユーロ2016を睨むクロアチア代表としては、それまでに出場機会を確保しておきたいところだ。


身長177cmのFWは、2014/15シーズンでは、クロアチアリーグ18試合で21得点をマーク。レスターの半年では13試合に出場して2得点を挙げている。


さらにホッフェンハイムでは、トウェンテFCの攻撃的選手ハキム・ツィエクも注視しているところだ。22歳のレフティはベルギー1部18試合に出場して11得点をマーク。モロッコとオランダの国籍を有している。


ムッツェル氏がホッフェンハイム復帰へ


kickerが得た情報によれば、ミヒャエル・ムッツェル氏が間もなくして、ホッフェンハイムに復帰することになるようだ。1998〜2011年までブンデス1・2部92試合に出場した同氏は、ホッフェンハイムのユースセンター長を経て、2014年に2部フュルトのSDに就任。しかし先日、同クラブから退任を余儀なくされている。なおホッフェンハイムでは、ビデオ分析とスカウトとして復帰する模様。


なお火曜午前の練習では、先日行われたシュトゥム・グラーツとのテストマッチを欠場したニクラス・ズーレ(風邪)、ケヴィン・フォランドとオイゲン・ポランスキ(ともに大腿筋)がチーム練週に復帰。その一方でピルミン・シュヴェグラー(大腿筋)とタリク・エルユヌシ(内転筋)、ナディーム・アミリ(風邪)は個人練習のみにとどまった。


さらにそのシュトゥム・グラーツ戦で膝に打撲を受けた、トビアス・シュトローブルも個人練習に勤しんでいたが、25歳の守備のオールラウンダーはレバークーゼン戦での出場に、特に問題はないとみられている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker