ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月25日

本調子を取り戻しつつあるフォランド

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1456315111

ナーゲルスマン新監督就任以来、ここ2試合で勝ち点4を獲得したホッフェンハイム。変化には選手達自身も感じ取っており、GKオリヴァー・バウマンは「例えばケヴィン・フォランドだね。かなり解放されたプレーが見て取れると思うよ」と語った。


マインツ戦で復帰したドイツ代表は、対人戦にアグレッシブに臨み、意欲的に1vs1をしかけ、そしてゴールへの推進力を見せ、アシストをマーク。チームの勝利に貢献している。


そのターニングポイントとなったのが、ユリアン・ナーゲルスマン監督だ。「このプレースタイルがホッフェンハイムに合うんだよ」とフォランド。「監督はとても大きく寄与している。自身を与え、意欲的にプレスを仕掛けられているんだ。うまくいっているのは明らかだろう。このまま続けていくこと。そうすれば下からはいあがっていけるさ」と言葉を続けた。


あとは第8節以来お預けとなっている、得点をマークしたい所。


フォランドは「監督の要求は高い。でも練習はとてもいい感じだ。ホッフェンハイムは良い攻撃サッカーを展開できると思う。それはこれまでに見せたものであり、僕たちに好影響をもたらしてくれるものなんだ。それでもっと得点チャンスがうまれるよ」との考えを述べている。