ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月08日

セットプレーで今季わずか2得点のホッフェンハイム

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

05 03 2016 xfux Fussball 1 Bundesliga VfB Stuttgart TSG 1899 Hoffenheim emspor v l Jonathan

フリーキックでは無得点。コーナーキックからはわずか2点。これが今シーズンのホッフェンハイムが記録している成績だ。


長年セットプレーを務めたサリホヴィッチが退団し、フライブルクからウィンガーのヨナタン・シュミットを迎え入れたホッフェンハイムだったが、しかしリーグ戦25試合を消化した時点でアシスト数はわずかに1つ。あまりに物足りない数字を残している。


1部残留に向けてナーゲルスマン監督は、セットプレーからの得点は「もちろん欲しいさ。総得点の3割は占めるべきだよ」とコメント。「さっそく今週末から変化が欲しい」と語った。


だがその週末でも助けとなれず「悔しい思いを感じている」のが、現役選手の中で最もホッフェンハイムに長く在籍するカイ・ハードリングである。


2014年2月に行われたテストマッチにて膝を負傷した同選手は、それから懸命のリハビリを行い復帰を目指してきたものの、数週間前のテストマッチで再び負傷。「グレイド3・4」という重傷を抱えることとなったが、しかし現役復帰への希望を捨てていない31歳は、「クラブからのサポート」への感謝の気持ちも述べた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報