ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月03日

ルップにホッフェンハイムも関心か

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TSG Hoffenheim - VfB Stuttgart 2:2

来季に向けてオイゲン・ポランスキと延長し、ケルンからケヴィン・フォクトを獲得したホッフェンハイム。その一方でドイツ代表セバスチャン・ルディの残留には疑問符がついているところだが、その後釜としてルーカス・ルップの名前が浮上した。


ルディとの契約はあと1年残されてはいるものの、仮に延長とならなかった場合には、来夏に無償で同選手を失うことは避けたいところだろう。


昨夏に2部降格を喫したパダーボルンからシュトゥットガルトへと移籍したルップは、移籍当初は出場機会の確保に苦しんだものの、その後は主力の座を確保。5得点6アシストを記録しており、25歳のMFにはさらに、プレミア昇格組ミドルズブラからの関心も伝えられているところだ。


今季2部降格を喫したシュトゥットガルトとの契約は2018年まで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報