ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月23日

ロイタースハーン氏、フランクフルトと3年契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imageアイントラハト・フランクフルトは、昨シーズンにホッフェンハイムにてACを務めた、アルミン・ロイタースハーン氏の招聘を発表した。来季からは今季終盤に就任したニコ・コヴァチ監督をチーフコーチとして支えていく。

かつて同氏はコヴァチ監督の現役時代に、ハンブルク時代にACとして指導した間柄でもあり、そのときについて56歳となったロイタースハーン氏は「彼は私と戦術面について話し合いをした数少ない選手だ。いつか監督になると思っていた。今回は気持ち的な問題で、ホッフェンハイムに何か問題があったわけではないよ」と、決断の理由について説明。

またコヴァチ監督は、フンケル監督時代にフランクフルトに在籍した経験を持つ同氏について「彼の専門知識は折り紙付きだ。ブンデスリーガで経験豊富なコーチであり、フランクフルトのことも知っている」と述べた。

Trainer Coach Julian Nagelsmann TSG 1899 Hoffenheim rechts berät sich mit Co Trainer Alfred Schreu一方のホッフェンハイムは、アシスタントのアルフレッド・シュロイダー氏との契約を2019年まで延長。

すでにホッフェンハイムのユースを率いていたカルテンバッハ氏のトップチーム昇格も発表しており、来季に向けたコーチ陣の組閣が進展しているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報