ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月30日

ホッフェンハイム、シュトゥットガルトからルップ獲得

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

既報通りホッフェンハイムは、地域のライバルであるシュトゥットガルトから、MFルーカス・ルップを獲得した。契約期間は2020年までで、kickerが得た情報によれば移籍金額は、成果に応じたボーナスを含む600万ユーロとなる模様。


シュトゥットガルトのレットガーマン広報担当は「保持したかったが選手が移籍を希望し、金銭面での問題をクリアしたことで合意に達した」と説明。一方のホッフェンハイムでマネージャーを務めるローゼン氏は「フレキシブルなMFで、まさにうちが求めていたタイプ。ディフェンスでも信頼がおけるし、オフェンス面でもアクセントをもたらせる」と期待感を示した。


2部に降格したパダーボルンから、昨夏にシュトゥットガルトへと移籍した同選手は、出だしでは出場機会の確保に苦しんだものの、最終的には役割を得ることに成功しており「この数年間で経験を蓄積してきたし、ホッフェンハイムがブンデス1部に定着するよう貢献できるとおもう。」とコメント。またわずか1年であとにすることになったシュトゥットガルトに対しては「すばらしい時間を過ごしたよ。ただ最終的には2部に落ちることになってしまったけれど」と振り返っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報