ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月06日

ナーゲルスマン監督「ズーレの代表入りの可能性は高い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

今夏に行われているユーロ2016では、レバークーゼンに移籍したケヴィン・フォランドをはじめ、セバスチャン・ルディなど、ホッフェンハイムからは一人も選出されなかったが、ナーゲルスマン監督はそのルディへの影響について「辛かっただろうが、それが負担になっているとは思わない。むしろさらに逞しくなって帰ってくるだろう」と期待感を示した。


また候補として名前が浮上していたマルク・ウートとニクラス・ズーレに関しては、「選出されていれば素晴らしかったけど」とコメント。しかし両選手ともに代表入りのチャンスはあるとみており、特にズーレに関しては「CBとして天性の才能を持った選手。そのうち代表入りする可能性は高いだろう」との見方を述べている。


image

そんな中、5vs5の練習中に、ユース代表ムスタファ・アミリが右膝を負傷した。特に接触プレーがあったわけではなく、そのままピッチから運び出されており、その後の診断の結果、膝の内側靭帯を過度伸展していたことが明らかとなっている。


さらに先日加入したばかりのルーカス・ルップもふくらはぎに打撲を受けたが、同選手の場合はバンテージを巻き、再び練習へと復帰した。