Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月29日

セビージャがドイツ代表MFルディをチェック

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fussball Testspiel Saison 16/17: TSG 1899 Hoffenheim - KV Oostende

今季のホッフェンハイムのCMF争いでは、ルディ、シュヴェグラー、ポランスキに加え、ケルンからフォクト、シュトゥットガルトからルップ、さらにハンブルクからデミルバイを獲得するなど豊富に人材が揃っており、これらの選手のなかから移籍のうわさが浮上したとしても決して驚くようなことではない。例えばドイツ代表のセバスチャン・ルディに対しては、クリホビアクが移籍したセビージャが後釜としてチェックしているようだ。


このことについて、ルディ自身は「そのことは記事では読んだけどね。まぁ、他のクラブからの関心が寄せられることはいい事だよ。そんなに悪いことはしていないという証だからね」とだけコメント。「ホッフェンハイムでとても居心地よく過ごしているし、ここでもっと成長することができる。このチームで僕が手にしているものはわかっているし、それはそうやすやすとは失いたくはないものだよ。誰しもいつかは海外でプレーする事を考えるものだろうけど、でもそれがいつになるのかは僕にはわからないな」と言葉を続けている。


その一方で契約は今季いっぱいまでとなっており、まだ延長について具体的に話し合いは行われていない状況だ。ただ先日のベシクタシュとのテストマッチでは、キャンプテンマークをつけてプレー。今季は新たにキャプテンを務める可能性も?しかしルディは「これまでにもキャプテンマークはつけてプレーしたことはあるし、正直誰がつけても、みんなが責任を負っていかなくていけないということに変わりはないさ。」と語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker