Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月06日

ドイツ代表ズーレ、チェルシーに断り

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1472565748


大衆紙ビルトは、先日ドイツ代表デビューを果たしたニクラス・ズーレに対し、チェルシーが獲得へと動いていたことを報じた。このことについて、同選手の代理人をつとめるフェルスター氏は「確かに、関心はありました」と認めており、移籍金としておよそ3000万ユーロを用意していた模様。


しかしこれに対してズーレは、ほどなく断りを入れており、その理由について「昨シーズンの終わりから、ホッフェンハイムに残ることを決めていた。慣れた環境は僕の成長にとて、これまでもこれからもとても重要なものだし、高いレベルに上がっているためのベースだ」とコメント。


ズーレの父も、「ビッグクラブに行くには、ビッグな選手になってからだと思うね。我々はお金ではなくキャリアを見ている。成長していけば、お金はついてくるものだよ」とこの判断を後押ししている。


先日21歳の誕生日を迎えたばかりのズーレは、その若さながら既にブンデス1部76試合に出場(5得点)、浮き沈みの激しかった昨シーズンにあってコンスタントなパフォーマンスを披露しており、今夏にはリオ五輪にて守備の要として銀メダル獲得に貢献。先日のフィンランド代表とのテストマッチでは、A代表デビューも果たした。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker