Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月14日

ビチャクチッチ、「戦術ではなく、基本的なところが問題だった」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1473863251
開幕戦から2試合で勝ち点2、得点は6を挙げながらも、同じ数だけ失点も重ねてきたTSGホッフェンハイム。

「失点はしょうがないけど、でも取られ方がまずいよね。打ち合いをしてはいけない。どんなところでも常に守りを行っていかないと。」

そうセンターバックを務めるエルミン・ビチャクッチは、4−4で終わったマインツ戦について、「とにかく前半はひどいプレーだった。闘争心をもつとか、守備を行うとか、基本的な部分がそもそも不足していたよ」とふりかえった。

ただこの日は戦術の変更が行われていたものの、それは言い訳にならないとの見方を示し、残り20分から3点差を盛り返して見せた「後半での戦いを、僕たちは試合開始からみせなくてはならないんだ」と課題を述べた。





  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker