ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月04日

ナーゲルスマン監督「最初はヒュブナーの言うことを信頼していなかった」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4282
昨夏にインゴルシュタットからホッフェンハイムへと加入するも、移籍当初はベンチ外となり観客席から試合を見つめる姿も見られていたベンヤミン・ヒュブナー。それはナーゲルスマン監督は、新天地でのサッカーに慣れるためには時間を要するとの考えを抱いていたためであり、「彼は自分は練習よりも試合で結果を残すタイプだと言っていたが、正直あまり信じてはいなかったよ」とコメント。

しかし古巣インゴルシュタット戦で先発を務めると、それ以降はチームにとって欠かせない存在となり、上位争いのなか守備を支えてるところだ。「彼がいてくれて嬉しいよ。アグレッシブなDFでボール奪取に優れ、空中戦に強い。ここまでの成長は期待以上さ」と指揮官は目を細める。

なおインゴルシュタットといえば、昨季かぎりで同クラブを対談したダニーロにとっても古巣戦ということになるが、負傷によりここまで新天地で出場機会のない同選手にとって仮に出場となれば「もちろん僕に特別なこと」であり、「いい感覚を覚えているし楽しみにしている。ただ起用されている選手がうまくやっていることはわかっているけどね」と元同僚達とのピッチでの再会を心待ちにしていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報