ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月26日

トルコからズーレへの奇妙な招集

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加





現在ホッフェンハイムでプレーし、来季からバイエルン・ミュンヘンへと移籍するニクラス・ズーレ。

昨夏にはバスティアン・シュヴァインシュタイガーの代表引退試合にてA代表デビューを果たした同選手だが、実はU16のときにトルコ代表から招集を受けていたことを、tz紙とエクスプレス紙に対して明かした。

「U16のときに1度だけ、トルコ代表から声がかかったことがあるんだよ。彼らによれば、僕の名前がトルコの名前のように聞こえるからって…」

確かにドイツで生まれ、その後にトルコ代表としてプレーしている選手は、レヴァークーゼンのエメル・トプラクやヴォルフスブルクのユヌス・マリらがいる。

しかしズーレは「でも僕の名前はトルコ系ではなく、ハンガリー系なんだ。父もドイツで生まれたけど、16歳までハンガリーのパスももっていたんだよ」と語った。

なおズーレは昨夏のリオ五輪でドイツ代表として参加、銀メダル獲得に貢献している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報