ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月12日

ホッフェンハイム、チーム得点王ワグナーが足首を負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wag8-1491914908
月曜日に行われたホッフェンハイムの練習では、先日ぎっくり腰が伝えられたパヴェル・カデラベクが個人練習に勤しむ中、ふくらはぎに問題を抱え、ハンブルク戦を欠場したケレム・デミルバイは、午後からのトレーニングに参加した。

その一方で、サンドロ・ワグナーについては休養が与えられている。昨夏にダルムシュタットより加入し、ここまでリーグ戦25試合に出場して11得点をマークする活躍をみせている29歳のFWは、そのハンブルク戦で足首に打撲を受けており、今後の回復経過を見守っていくこととなる。しかしながらクラブ側は楽観的な見方を示しており、土曜日に行われるグラードバッハ戦には間に合うことができそうだ。

この日の練習でフルメニューに参加していたのが、復調を目指しているジェレミー・トルヤン。また練習では、デミルバイの中盤ではルーカス・ルップがプレー。前節にほぼ半年ぶりとなる復帰を果たしたばかりの同選手だが、もしもデミルバイが間に合わなければ、負傷以来初となる先発出場の可能性もあるかもしれない。