ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月29日

ナーゲルスマン監督、フランクフルトを賞賛

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1493455796
前回のフランクフルト戦では、相手DFアブラームのエルボーなど、後味の悪い試合となったホッフェンハイム。しかしユリアン・ナーゲルスマン監督は、「他の試合と同様に0−0からはじまる試合だ」と強調。フランクフルトについて「フィジカルさだけでなく、冷静さをもってリスクをかけてくる。ぜひ試合をみたいと思うチームだ」と評価した。

「相手がどこであれ対抗しようとする。リスクをかけられる、多種多様ないい選手達をならべているよ。これは決して容易な状況ではないが、素晴らしいパフォーマンスをみせている。言語の問題を乗り越え、魅力的なサッカーを展開しているよ。」

なおホッフェンハイムは現在4位につけており、直接チャンピオンズリーグ本戦への切符をつかむためには、1つ上のドルトムントをとらえなくてはならないが、このことについては「できればリーグ優勝をしたいし、2位になれるならなりたい。もちろん3位だっておなじことだ。しかしそんなことを私が目標として掲げると、4位でさえ大きな失望となってしまう。大きな成功なのにね」との考えを示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報