ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月18日

ナーゲルスマン監督「ワグナーとデミルバイは代表定着の可能性がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bayer 04 Leverkusen TSG 1899 Hoffenheim 0 3 01 10 2016 Sandro Wagner umarmt Kerem Demirbay TS
来月にロシアで行われるコンフェデ杯のドイツ代表メンバーには、ホッフェンハイムからはニクラス・ズーレ、セバスチャン・ルディにつづき、サンドロ・ワグナー、そしてケレム・デミルバイが初招集を受けた。

ユリアン・ナーゲルスマン監督は「これほどの選手たちが選出されるなんて嬉しいね」と喜びをみせ、さらに「レーヴ代表監督からは、今週初めに彼らを試して見たいという連絡を受けた」ことも明かしている。

なおワグナーのドイツ代表での可能性について、指揮官は「あまり典型的なCFがドイツ代表にはいない」ことからも、「いいパフォーマンスをみせることができれば」このまま代表に留まり続ける可能性を語っている。

一方でデミルバイの「MFでは非常に激しい争いが繰り広げられている」ものの、「しかし今季の成長と、コンスタントにパフォーマンスを発揮し、ピッチの内外で精力的に取り組み、戦術的な部分」から今後への期待感を示した。

ただワグナーは後半戦ではわずか1得点とブレーキ。このことについては「シュートチャンスの減少は彼だけの問題ではない。また軌道修正できるだろう」との見方を示し、ウェストハムやスウォンジからの関心も伝えられているが「契約も得点力もあるのだから、そう簡単には手放さない。だからダルムシュタットから獲得したのだ」と述べ、「5000万ユーロ提示されれば考えるかな、しかしそんなことはないだろうがね」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報