ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月09日

ドイツ代表、主将を務めるドラクスラーの出場が微妙に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


明日の土曜日にワールドカップ予選サンマリノ戦を迎えるドイツ代表。しかし膝の関節胞に問題を抱える、ユリアン・ドラクスラーの出場は不透明となったままだ。

現在はドイツ代表主将を務めるパリSGのMFは、木曜日は練習参加を見送っており、金曜午前はボールを使わずに個人練習に勤しんでいる。

ヨアヒム・レーヴ代表監督は「午後にはチーム練習参加を試みる。もしも問題がなければ、明日もキャプテンとしてプレーしてもらうよ」とコメント、しかしながらリスクをおかす考えがないことも強調しており「ちょっとでも問題があればリスクはかけない。ただ出場の可能性はあるとみている」と言葉を続けた。

もしもドラクスラーが欠場となった場合には、アーセナルのシュコドラン・ムスタフィがキャプテンマークをつけることも明かされている。

その一方でレーヴ代表監督は、今回初招集を受けたサンドロ・ワグナーが、先日のデンマーク代表とのテストマッチにつづきこの試合でも先発起用することを明言。格下を相手に、最前線でプレーするワグナーには、ドイツ代表初得点の可能性がでてきたといえるだろう。

なおGKについては「ケプケGKコーチと相談する」と述べたレーヴ氏だが、デンマーク代表戦で代表デビューを果たしたパリSGのケヴィン・トラップではなく、この試合ではバルセロナのマーク=アンドレ・テル=シュテーゲンが起用される流れにあるようだ。

サンマリノ戦先発予想:
テル=シュテーゲン – ルディ, ムスタフィ – キミヒ, J. ヘクター – ジャン, ゴレツカ – ブラント, ドラクスラー, ユネス – ワグナー
監督: レーヴ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報