ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月13日

オランダ期待の19歳ジャスティン・ホーグマもブンデスに挑戦

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


オランダ期待の若手CBジャスティン・ホーグマもまた、父と同様にブンデスリーガへの挑戦を決意した。オランダ1部エールディビジのヘラクレス・アルメロに所属する19歳は、ホッフェンハイムとの2021年までの契約にサインしている。

マネージャーを務めるアレクサンダー・ローゼン氏は、「ジャスティンは素晴らしいビルドアップをその左足から繰り出せる期待のDFで、まだ10代ながら経験と、そしてエールディビジでの記録を作った選手でもある」とコメント。

パスの正確性と対人戦での強さを兼ね備えた19歳は、今シーズンに全34試合でフル出場をはたしており、これはエールディビジ史上最年少での快挙となった。

今回の移籍にあたり、同選手は「TSGホッフェンハイムは最近みせた大きな飛躍だけでなく、彼らのプレースタイルや若手選手を次のステップへといざなうことができる力などでも知られたクラブだ。最初の話し合いから僕にとってはとても刺激的なものだったよ」と説明。

なおジャスティンの父、ニコ=ヤン・ホーグマはかつてハンブルクにて177試合に出場した経験を持つ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報