ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月20日

バリス・アティクが2部カイザースラウテルンへレンタル移籍

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2部カイザースラウテルンは月曜、ホッフェンハイムからバリス・アティクを、1年間のレンタルで獲得したことを発表した。

22歳の攻撃的選手は、昨季はシュトゥルム・グラーツへとレンタル移籍。そこで得点力を示しており、ノルベルト・マイアー監督は「うちの攻撃を豊かにしてくれるだろう」と期待感を示している。

さらにチーフ・スカウトのノッツォン氏は「バリス・アティクは、まさにストリートサッカーの選手という感じだ。そしてとてもいいプレスももっている」と評価。「その個人の力によって、これまでになかった多くのチャンスを作り出してくれることだろう」と言葉を続けた。

これにはマイアー監督も同意見で、昨季チームは1試合平均0.89点と苦しんだだけに「非常に個人の力に優れた選手だ。1vs1を模索して、そこからフリーのスペースをつかみとることができる」との考えをのべている。

アティクは今季前半戦では、ホッフェンハイムの下部チームが所属するブンデス4部にて10得点をマーク(16試合)。そして今冬にレンタル移籍したシュトゥルム・グラーツでは、オーストリア1部で同じく16試合に出場して6得点を記録した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報