ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月20日

ホッフェンハイム、守備のオールラウンダーのノルトヴァイト獲得

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


来季にはCLプレーオフが控えているTSGホッフェンハイムは、新戦力としてハヴァルト・ノルトヴァイトを獲得したことを発表した。明日27歳の誕生日を迎えるノルウェー代表とは、2022年までの契約を結んでいる。

アレクサンダー・ローゼンSDは「ピッチ外でもまさにプロ」という姿勢を、またユリアン・ナーゲルスマン監督は「CBとして3バックでも、そして4バックでもDFとしてプレーが可能であり、さらにボランチもこなすことができる」そのポリバレントさを評価。

とくにホッフェンハイムでは、ハノーファーにMFピルミン・シュヴェグラーが、さらにバイエルンにMFセバスチャン・ルディとCBニクラス・ズーレが移籍。その穴埋めに追われていた。

いっぽうのノルトヴァイトは、「グラードバッハ時代にブンデスのことはよく知っているし、アクセントをもたらせる存在になれると思う。クラブから期待されているような」とコメント。「ホッフェンハイムのプレーに対する考え方と、ローゼン氏、ナーゲルスマン監督からの熱心な誘い」が決め手になったことも明かしている。

2011年から2016年までグラードバッハにてプレーしていた守備のオールラウンダーは、昨夏にウェストハムへと移籍するも11試合の先発出場のみにとどまっており、新たな戦いの場を再びブンデスリーガへと求めた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報