ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月05日

ナーゲルスマン監督「ギンター獲得?うちには無理」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


クラブ史上初となる、欧州の舞台での戦いも控える今季のホッフェンハイム。その準備をスタートさせたユリアン・ナーゲルスマン監督は、現在は明るい表情を浮かべているところだ。「選手たちのコンディションは最高だ。ここ数年でベストの数値を叩き出している。すぐに取り組める状態になっているし、これは素晴らしいことだね」

なお先日は、獲得を目指していたマティアス・ギンターがグラードバッハ移籍を決断したが、指揮官は「もちろん選手層に厚みをもたせたい」と前置きした上で、「しかし1700万ユーロをグラードバッハが提示してしまうと、うちではあまりチャンスはないよ。対抗は不可能だ」と語った。

ローゼンSDの発言では、先日獲得したノルトヴァイトは3バックの右を担うことになり、そのためルディとシュヴェグラーが抜けた中盤の選手の獲得を目指していくことになるはずだ。さらに左サイドバックの補強も視野に入れているとみられるが、その一方でバイエルンのセルゲ・ニャブリのレンタルに動いていることも伝えられている。

このことについてナーゲルスマン監督は「彼はバイエルンの選手だよ、私が知っているぶんではね」と笑顔を浮かべた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報